売れてるお店の防災・防犯用品は、備えて安心の防災用品・防犯用品・護身グッズを、厳選した豊富な商品群からお選び頂けます。

  
売れてるお店の
防災・防犯用品
http://www.bousaikun.com
防災・防犯用品 火災の知識と対策画像防災・防犯用品 火災の知識と対策画像防災・防犯用品 火災の知識と対策画像防災・防犯用品 火災の知識と対策画像防災・防犯用品 火災の知識と対策画像
きっと見つかります!厳選 防災用品防犯用品護身グッズのご紹介あなたの安心&安全な暮らしのお助けサイト 
火災対策用品
消火器
簡易消化器具
火災警報器
火災警報器(一覧
防犯用品 MENU
防災用品 MENU
サイトご利用案内
管理人よりごあいさつ
ご利用について
サイトマップ
相互リンク募集中
リンク集
簡単相互リンク



■火災時の初期活動の3原則


@早く知らせる!

A早く消火する!

B早く避難する!






 【知っ得!防災対策】 【知っ得!防犯対策】
防災対策@・・わが家の防災対策
防災対策A・・地震の基礎知識
防災対策B・・地震対策(備える)
防災対策C・・地震対策(起きた時)
防災対策D・・火災の知識と対策
防災対策E・・台風・豪雨の知識と対策
防犯対策@・・ひったくりの知識と対策
防犯対策A・・自動車盗難・車上荒らし
防犯対策B・・ストーカーの知識と対策
防犯対策C・・侵入者の知識と対策
突然の火災!その時・・ 火災の時の注意点
<PR>我流じゃ売れない。ネットショップは、こう創れ!
メニューを選んで下さい。 
火災発生!初期活動の3原則と安全に避難する方法 
火元別初期消火の注意点  消火器の正しい使い方  
火災を防ぐ10の心得とは
    
■火災発生!初期活動の3原則と安全に避難する方法

火災の原因は、放火などを除き、ほとんどが不注意によるもので人災とも言えます。火災により大切な財産を失い、最悪の場合、命さえも失われてしまいます。日頃から油断せずに、火に対して慎重に付き合う姿勢が大事です。火が出たときの行動のポイントを読んで、確認して万一に備えておきましょう。

【1】 早く知らせる
火が出たときには一人で消そうとしないで、隣近所に大声で「火事だ!」と知らせて助けを求め
ましょう。 気が動転して声が出ない時は、やかんなどを叩いて知らせる事が大事です。速やか
に119番に通報しましょう。その時、当事者は消火に当たり、近くの人に通報を頼みましょう。
一人で消火しないでご近所に応援を求めましょう。


【2】 早く消火する 
消火は出火して最初の3分間が重要です。万一のために消火器を備えておき、いつでも使えるとこ
ろに置いておきましょう。火災が大きくならないうちに初期消火に努めて下さい。水や消火器だけで
なく、座布団で火を叩く、毛布でおおうなどの手近のものを使って消火しましょう。しかし、天井まで
燃え移ったら危険です。あとは消防士に任せて、すぐ安全な場所へ避難して下さい。
  


【3】早く避難する
天井に火が燃え移ったら、消火作業をやめてすぐ避難しましょう。避難するときは、燃えている部屋
の窓やドアを閉めて空気を遮断して下さい。緊急時は身の安全確保が最優先です。躊躇せず一刻も早く避難しましょう。



【火災から安全に避難する方法】
火の中から逃げるには、水をかぶる、ぬれたタオルや衣類で頭を覆うなどして、ちゅうちょしないで
一気に走り抜けます。

避難するときは、出入り口のドアを閉めましょう。空気を遮断して炎の勢いを抑えます。

煙には一酸化炭素など有毒ガスが含まれています。煙を多量に吸い込むと、中毒死することも
あります。熱せられた煙は上へ移動しますので、煙の中を逃げる時はできるだけ姿勢を低くして、
濡れたハンカチなどで口や鼻を覆い、煙を吸い込まないようにして避難します。

お年寄りや体の不自由な人は、逃げるのが遅れがちになります。優先して避難させましょう。

いったん逃げ出したら、決して中には戻らないようにします。マンション・高いビル・地下街などでは
エレベーターは使いません。階段で避難します。もし、逃げ遅れた人がいる場合は、すぐ消防隊に
知らせましょう。






 火災対策その1を表示しています。     次へ
消火器 簡易消火器具 火災警報器 火災警報器(一覧)



国内最大級の品揃え!家族を守る安心安全のオンラインショップ
プロが選んだ防犯&防災専門店 TSSP.jp

【防犯&防災 TSSP.jp】


Copyright (C) 2006 売れてるお店の防災・防犯用品 Allrights reserved
http://www.bousaikun.com